医療脱毛と言われる脱毛の種類とは

###Site Name###

大きく分けて、医療脱毛には、針脱毛とレーザー脱毛があります。

針脱毛は、レーザー脱毛が出現するまで主流であった方法で、歴史も長く、永久脱毛といえるのは、今のところこの方法だけといわれています。
かなり時間もかかりましたし、痛みもありました。施術者の技術力も結果を左右するものでしたので、一般的に浸透するまでには至りませんでした。

高価であったこともありでしょう。

その点、レーザー脱毛はスピーディーで低価格ですので、あっという間に医療脱毛の主流になりました。照射することに対しての技術介入度こそ低いのですが、レーザー光の種類が多く、出力の調整などを合わせると、医師の経験値や技術力は不可欠なものです。



医療脱毛に使われているレーザー光は主に、肌色の薄い人に使われるルビーレーザー、シミやそばかす治療にも使われるアレキサンドライトレーザー、ほかのレーザー光で効果が出にくい人にも満足の結果が得られやすいダイオードレーザー、肌色が濃い人にも使いやすいロングパルスYAGレーザー、産毛や白髪などにも反応しやすいIPL脱毛などがあります。


これらを適正に使い分けることで、やけどなどのリスクを回避し、個々に満足できる脱毛効果が得られるようになります。



痛みの部分では、医療機関であることで、各種麻酔を使うこともできますし、施術後に痛み止めなどの処方も可能です。今や、医療脱毛でも不可能なムダ毛というのはなくなってきたと考えて差し支えないでしょう。