家庭用脱毛器のメリットとデメリット

###Site Name###

脱毛施術をする人が増えていますが、定期的な通院と費用面において躊躇する人も多いです。

そんな中で注目されているのが、家庭用脱毛器です。

光やレーザーなど、サロンや医療機関で主流となっている機器と同じ仕組みのものです。
メリットとしては、自宅でいつでも、自分の都合のいい時間に施術できるという点です。


脱毛効果があるのは、毛の毛周期のうち、成長期段階にある毛だけなので、毛周期に合わせて定期的に施術する必要があります。

忙しくて予約を取り損ねたり、通院が難しくなると、毛周期に合わせて施術ができないので、指定の回数で施術を完了できないことがあります。



家庭用脱毛器はその点を回避することができます。

また、照射出力の段階を自分で調整できるところがメリットといえます。
デメリットとしては、サロンや医療機関で使用する機器より出力が弱いため、効果が劣るということです。



医療機関で使用されるレーザーは、永久脱毛の効果があるといわれていますが、家庭用のレーザー機器の場合はそこまでのパワーはありません。

よって、永久的な効果も期待できません。

また、初期費用がかかります。

価格は商品によって幅がありますが、人気商品の場合7万円程度の費用がかかります。ただ、男性も女性も問わず使用できるので、家族などで共用することでコストパフォーマンスがあがります。



人気商品の中には、美顔器にもなる機器もあり、一石二鳥の機能があるとさらにお得に利用できます。